企業が特許担当者の求人をする際には

企業が特許担当者の求人をする際には、是非とも次の質問を面接の際にしてみることをお薦めします。

「あなたは当社がどのような目的で特許を出願すれば良いと思いますか」企業の中に長年いますと、たとえ特許担当者であったとしても日常の業務に追われてしまい、このような基本中の基本の事項に答えることができないのが現実なのです。

企業は、単なる作業をする特許担当者を求人したいと思っているはずはありません。

特許担当者は経営者の視点をもって仕事に取り組んでもらうことを期待して求人をするはずです。上述の質問は、その経営者の視点を持っているかどうかを見極めるのに最適な質問なのです。


企業の特許戦略は、その企業の扱う商品またはサービス、企業の規模、下請けか開発型の企業か等の様々な要因によって異なってきます。

凡庸な特許担当者はその違いに即した特許戦略を案出することができません。

むしろ、経営陣の方が適切な特許戦略、特許ビジョンを持っている場合も少なくありません。
しかし、経営陣は正確な特許制度の内容を知りません。
ですから、特許担当者に欠かせないのは経営者の視点なのです。

それがなければ求人の対象にしなくても良いといっても過言ではないのです。

最近は弁理士が多くなってきているので、安心できる弁理士に特許担当を任せようとしている企業もあるかもしれません。


しかし、弁理士は法律のプロであっても必ずしも経営者の視点を持っているとは限りません。

お気をつけください。

http://haa.athuman.com/
http://www.immi-moj.go.jp/tetuduki/kanri/qaq5.html
http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/